お知らせ

「森の中の家 安野光雅館」入館者、10,000人達成致しました!

2017.10.6 / 森の中の家

本日、平成29年10月6日(金)午前11時30分に、美術館入館者が一万人に達しました。

一万人目のお客様は、大阪からお見えの女性です。
和久傳の桑村会長から、安野光雅先生の複製版画と、「工房レストラン WAKUDEN MORI」のお食事券をプレゼントさせていただきました。

また、一万一人目の方、一万二人目の方、一万三人目の方には、安野光雅先生の絵本『じゅんばん』と、同じくMORIのお食事券をプレゼントさせていただき、更に、それぞれ4名の方々に、京都府丹後広域振興局よりストラップやクリアファイルなどが贈られました。

美術館にて御礼のプレゼント
美術館入館者一万人達成

美術館のロビーでは喜びとお祝いの声があがるとともに、和久傳の工房からもレストランモーリからもスタッフが駆け付け、心からの拍手を送りました。
お客様やそのグループの皆様にはとても喜んでいただき、その後、モーリでお食事をされ、工房の見学をされ、お帰りいただきました。また、お越し頂けますようにと願っております。

さて、本日で、一万人を超えましたが、平成29年6月23日の開館以来、実質91日、およそ3カ月で一万人を超えました。本日までの最高入館者は302人で、一日平均110人です。アンケートのなかでは、安野先生の原画にふれ、「ここにきて、心が温かくなり、涙がこぼれました」と書いてくださった方がありました。

これからも、来てくださる方々の心の癒しとなれるような「森の中の家 安野光雅館」をめざし、スタッフ一同頑張ってまいりたいと思います。
皆様のおかげです。ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いいたします。

森の中の家 安野光雅館
伴 とし子