お知らせ

和久傳ノ森 ふきのとう

2018.12.24 / MORI, 森の話

 

小春日和の陽気を感じられる

和久傳ノ森」では

今冬もふきのとうが芽吹き始めました

まだまだ小さく硬い芽が目立ちますが

ふくふくと膨らんできております

 

年を重ねるごとに、森の片隅に残る

ふきが種を飛ばし風に乗り

森中に天然のふきのとうが点在します

 

特に、山椒山のふかふかの土は

ふきのとうもとても居心地が良いようで

毎年たくさん芽吹きます

 

年が明けましたら

食品工房とMORIスタッフにて

ふきのとう摘みが本格的に始まります

雪が降り積もり、雪をかき分け、

寒さに耐えながらも、かじかむ指で

摘みとったふきのとうは

 

・紫野和久傳「春のにがみ」

・新商品として予定されております 

    和煮「ふきのとう味噌」

・工房レストランMORI「ふきのとう味噌」や 

    かき揚げなどのメニュー

 

の一部として

皆様にお楽しみいただきたいと思っております