お知らせ

和久傳ノ森 干し柿づくり ②

2018.12.24 / MORI, 森の話

 

 

寒さが増しており

からっ風とお日様の力をかりて

軒下の干し柿が日に日に

熟してきており喜んでいます

 

ところが、喜んでいるのは

どうも私たちだけではないようです

 

最近、干し柿を吊るしている

軒下の壁に複数個所、足跡が発見されます

 

足跡の形から、「ハクビシン」ではと

推測しておりますが、

まだ姿は確認出来ておりません

 

一生懸命、登ろうとしているようですが

干し柿にはたどり着けずのようです・・

 

どちらが干し柿を先に口にする事が

出来るのでしょうか

 

自然に生かされている恵みに

感謝をしながら、攻防は続きます